DDTプロレス教室体験談!東京竹芝道場の特別講師としてMAO選手

私が現在通っているプロレス教室は、プロレス団体のDDTさんが開催しています。

実際に教えてくれるのは現役選手の大石選手とチェリー選手のお二人。竹芝道場のリングで19時半~21時までみっちりプロレスを教えてくださいます!

月会員は6000円、ビジター会員は3000円で、ファンクラブ会員は2000円で参加できます。

この日、私は3回目の参加で、特別講師としてMAO選手が来る日でした☆

特別講師は月によって変わるんですが、先月はKO-D無差別級チャンピオンの竹下選手が来てました(竹下選手が来るときはなんとなくビビっちゃて行けませんでした)

初めて参加した時は生徒7人ほどだったのですが、特別講師のこの日は約15人!!!

リングには乗り切らないほどの人数になってました(笑)

最初は軽く準備体操をしていざリングイン!最初はリングの周りを走ってスキップして~という軽い運動から、前転や後転や倒立といった運動をしていきます。

前転はまだなんとかできるんですけど、後転するだけでも意外と難しい!

高校卒業してからほぼ運動してない+運動神経が0に等しい私にとってはこれだけの運動でもゼーハーゼーハーします(笑)

だんだんと難易度が上がっていき、私にとってはお待ちかねのロープワークもやりました^^

ロープに向かって走っていき、まず右でロープを掴んでそのまま右脇でロープを抱え込みます。抱え込むのと同時にくるっと正面を向いてつま先でピーン!と立つという動作をします。

言葉で説明するとなかなか伝わりづらいですね…笑

この、ロープがめちゃくちゃ硬いんです!よく練習生の背中にロープ跡がついてるのは見たことあったけど、ここまで硬いとは!!!

今回ロープワークをしたのは2度目だったんですが、1度目の時、家に帰って鏡を見てみると右腕全部が内出血して真っ赤になり血の気が引きました(苦笑)

ロープワークしてる時は、アドレナリンが出てるのかな…全然痛くないんですよね。

むしろ楽しさのほうが勝っている(笑)

終盤になって特別講師のMAO選手が直々に教えてくれました!

ロープワーク→MAO選手のラリアットを避ける→ロープワーク→MAO選手が下に寝転ぶ→前転回避してそれを避ける→さらにロープワークしてMAO選手にラリアット

これがまたいざやってみると頭がこんがらがってしまうんです!!!

前転だけ、とか単体ならできるのにMAO選手を避けなきゃ!って気持ちが強すぎて、わけわからん転び方をして大石選手に「どうしたらそうなるんだ」と言われる始末(笑)

毎週プロレス見てるけれど、見るのとやるのとはやっぱり全然違いますね。

できないのが悔しくて家にリングがほしい…

全然うまくできなかったけど、MAO選手の大きな胸板にラリアットできたのは最高の思い出になりました☆

今までなんでも言い訳して逃げてきたことがたくさんあったけど、プロレスでは言い訳しないでやりたい!!!
運動神経が本当に皆無だけど!(学生時代の体育の成績は5段階評価で2か3)腹筋なんて10回もできないけど!

これからも通い続けて強くなっていくぞー!おー!!!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク